審美歯科のホワイトニング

ホワイトニングとは、日常において飲食や喫煙などによって、歯に色々な物が付着して段々と変色してしまった歯を、削らずに白くする治療のことを言います。人それぞれ歯の色に対する悩みはあると思います。

従来、歯を白くするには、歯を削って治療する方法を取っていましたが、この方法では歯にとって非常に負担をかけてしまうため、歯の健康のためにも良い治療法とは言えません。そこで、歯に負担をかけないで歯を白くするホワイトニングが現在主流になっています。この方法は経済的な負担も少なく済み、変色治療だけではなくエステの面でも非常に効果があり人気を呼んでいます。ホワイトニングの中でも最近注目されているのがパワーホワイトニングという方法です。

通常のホワイトニングの場合、通院が必要で数回の治療を要しましたが、パワーホワイトニングは30分程度の一回の施術だけで歯を白くするという画期的な方法で、ホワイトニングよりもさらに経済的負担が少なく済む上、心理的にも軽くなります。このパワーホワイトニングの施術方法は、非常に単純な流れです。まず虫歯や神経の有無と、歯の状態と色を確認します。その上でホワイトニングが可能かを判断して、歯をクリーニングしてから美白剤を塗り、レーザーを照射します。ホワイトニングによって歯が白くなる原理は、ホワイトニングジェルより酸素が発生し、酸素が色素を無色に分解して歯を白くします。当サイトでは、審美歯科におけるホワイトニングによる効果について説明します。