歯が白くなる仕組み

ホワイトニングによって歯が白くなる仕組みはどのようになっているのでしょうか。それは、ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素、あるいは過酸化尿素が、歯に付着した色素成分である有機質を分解して脱色するためです。審美歯科では過酸化水素を使用しており、この過酸化尿素が分解されて活性酸素が生成されます。活性酸素が歯に着色した有機質を分解して脱色し、歯を白くします。

活性酸素は体に悪影響を及ぼす物質として知られていますが、ホワイトニングの場合は歯の中で生成されるため、悪影響の心配ありません。しかも、活性酸素の発生時間は非常に短く、発生した場所にしか作用しません。このホワイトニング剤の成分である過酸化水素と過酸化尿素は2種類とも歯を白くする成分として作用するものですが、過酸化尿素は酸化反応の課程で過酸化水素に変化するため、基本的には過酸化水素がホワイトニング剤の主成分となります。

過酸化水素の安全性については、低濃度のものに比べて高濃度の方が危険性は否めません。また、ホワイトニングに使用する薬剤には、他に増粘剤と触媒が配合されています。これは、過酸化水素の粘着効果を高め、酸化反応時の脱色効果をもたらす分子の増量に役立たせるためです。